2018年06月18日

「Bコレ」リバーシブルユニフォーム特集

毎週月曜日更新の「Bコレ」バスケットボールユニフォームコレクション。
第3回目はリバーシブルユニフォーム特集(その1)です。

ユニフォームのコレクションといえば、試合用のユニフォームが普通ですが、今回はリバーシブルユニフォーム。=練習用のユニフォームを紹介します。
練習で着用するユニフォームですから、試合で着用する頻度より高く、また、練習内でチーム分けをするのに裏表2色の色分けによって区別することができます。
試合用のユニフォームに比べると練習用ということで作りも簡素、リーグロゴやスポンサーなども入っていないのですが、
選手が練習の度に着ている日常着感や裏表両面楽しめるお得感が嬉しいですね。
またチームや年度によっては白×チームカラー以外の組み合わせや、裏表で違うデザインや昇華プリントでおしゃれなモノまであるのでチームの遊び心も見える一品です。
※販売されてるチームもありますが、ほとんどがヤフオクで落札したものです。

画像1、2、3:埼玉ブロンコス08-09シーズンのリバーシブルユニフォーム、レジー・ウォーレン実使用。サイズ感は8XL。
ブルファイト製の昇華プリントを駆使したリバーシブルユニフォーム。販売もされてましたので、自分用に下も購入したのを覚えてます(ブースターのバスケオフ会に大活躍)。
上から2番が貼り付けてあるのは急遽変更になった前の外国籍選手の元の番号と背ネームを隠すため。埼玉ブロンコスブースター感謝デーにてオークションで落札。
20180618204733097.jpg20180618211716496.jpg20180618211723564.jpg
画像4、5:三菱電機メルコドルフィンズ(現:名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)、アシックス製。
JBL時代のメルコドルフィンズといえば水色のユニフォームというイメージですが、練習用ユニフォームでは赤×黒という時代を先取りしたカラーリングに。使用感はほとんどないのでサンプルの可能性も。
ヤフオクにて。
20180618211836466.jpg20180618211843484.jpg
画像6、7:東京エクセレンス、長谷川実使用。COREというのはメーカーでしょうか?
東京エクセレンス初期のリバーシブルユニフォーム。昇華プリントで左脇に縦に入るロゴがおしゃれ。胸についてる盾をモチーフにしたEXのロゴもかえって新鮮。使用感たっぷり。
ヤフオクにて。
20180618211935511.jpg20180618211945180.jpg
画像8、9:黒田電気ブリットスピリッツ、竹松実使用。
たまたまヤフオクで見つけた、元JBL2所属、黒田電気ブリットスピリッツのリバーシブルユニフォーム。ブルファイト製。
とある中の人に見せたらびっくりしてましたが、デザイン的にも普段着で着れる自信はある。
20180618212038434.jpg20180618212043636.jpg
posted by Yucky(オオダチユキオ) at 21:15| Comment(0) | 「Bコレ」バスケユニフォームコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

"れぶにゃん"争奪戦が勃発!?B3リーグ2017-2018のオフシーズン

鹿児島レブナイズ 2018年6月7日のニュース
れぶにゃん選手、2017ー18シーズン契約満了のお知らせ
https://www.rebnise.jp/news/45136.html

20180611190248184.jpg20180611190301868.jpg

シーズン終了から2週間ちょっと、いかがお過ごしですか?
B3リーグ界隈では鹿児島レブナイズのマスコット"れぶにゃん"がオフシーズンの話題をさらっております。

2017-2018シーズン終盤、鹿児島レブナイズのマスコット"れぶにゃん"が3D化に成功。ホームゲーム、さらには東京エクセレンスとのアウェイゲームにも登場するという異例の事態。
しかしシーズン終了後の6月7日には鹿児島レブナイズより選手契約満了のリリースが流れた。
20180611191512698.jpg
このリリースを受け、B3リーグ数チーム、チームのブースターさん、果ては某県の焼肉屋さんまでもが"れぶにゃん選手"獲得の意思をTwitterで表明。争奪戦が繰り広げられ、思い思いのアピール合戦が展開される結果となった。
まずは大塚商会越谷アルファーズ
20180611192421364.jpg
続いて豊田合成スコーピオンズはロゴまで変更
20180611192520910.jpg20180611193105475.jpg
そして東京海上日動ビッグブルーも!
20180611192705715.jpg
可能性は無くもない?
東京エクセレンスも絡む。
20180611192930285.jpg
そして釘をさす金沢武士団のライゾウ
(お前もか)
20180611193357798.jpg20180611193404059.jpg
本家・鹿児島レブナイズも、れぶナイズにて意思表示。
他にもバスケットボールスクールさんやら焼肉屋さんまでもオファーしており、
れぶにゃん選手からは一つ一つ契約内容について返信されてて見ごたえのある交渉の様子。

れぶにゃんの明日はどっちだ!?

Twitter #れぶにゃん や #れぶにゃん争奪戦 で検索!
posted by Yucky(オオダチユキオ) at 19:39| Comment(0) | 気になるB3事件簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「Bコレ」アルバルク東京(トヨタ自動車アルバルク)のレプリカユニフォーム

毎週月曜日更新の「Bコレ」、第2回の今回は2017-2018シーズンB1王者に輝きましたアルバルク東京、ならびにトヨタ自動車アルバルクのコレクションです。

所沢ブロンコスきっかけでバスケットボール観戦にハマった私にとってJBL1部のゲームは精度の高い試合が多く、まだ金曜日夜に代々木第2で開催されていた頃のスーパーリーグの試合は良く観に行きました。が、不思議とトヨタ自動車には縁がなく、田臥(現・栃木ブレックス)が最初にJBLに加入した当時、一度も観に行く機会がありませんでした(だいたいトヨタの試合は土日が多く、代々木第2は満席でした)。
さらっと書きましたがスーパーリーグとは、2001-2002シーズンよりJBLの1部リーグをスーパーリーグとし、「ホームタウン制」を導入することによって企業チームの地域社会への貢献、地域活性化を図る狙いがありました。2000-2001シーズンはプレ・スーパーリーグの名のもと開催。次シーズンから始まるスーパーリーグへ向けマーケティングも強化され、当時、ワールドスポーツプラザという全国展開していたエンターテイメントスポーツショップでグッズやウェアを販売しておりました。
ところがスーパーリーグのチームグッズはワールドスポーツプラザには目のつく場所には無く、代々木の会場では、試合開催の該当チーム以外でもグッズも販売。プレ・スーパーリーグの末期にもなると該当するチーム以外のレプリカユニフォームがなんと半額で販売されており、これはおさえておかないと!と購入(おかげさまでプレ・スーパーリーグの8チームはコンプリート)。しかしレプリカはレプリカ。
ミズノ製でしたが選手仕様とはデザインの違うモノで少々がっかりしたことや、保管状態も良くなかったことから経年劣化によりラバープリントの剥がれも。

JBLとbjリーグに別れてしまうと、結局bjリーグしか観なくなってしまいましたが、名門・トヨタはその後も日本のバスケットボールを牽引してきたチーム。
タレントも揃っているし、初めてBリーグを観るという方にも、まずおすすめできるチームです。


画像1:スーパーリーグ初期のトヨタ自動車アルバルクのレプリカユニフォーム。選手仕様と共に両脇の三角ラインが特徴。
画像2、3、4:スーパーリーグ後期、フランチャイズプレイヤー・渡邊拓馬のユニフォーム。昇華プリント。背中の企業ロゴの上に☆☆☆。レプリカ?というよりミズノのサンプル商品(展示品?)らしい。ヤフオクにて。
画像5:おなじみのアルバルク東京のTシャツ。アディダスのオンラインショップのセールで購入。普段使いできるように黒にしたけど普段使いすらしていない。こんなのばっかり。
  • 20180611182638723.jpg
  • 20180611182644233.jpg
  • 20180611182647586.jpg
  • 20180611182652473.jpg
  • 20180611182657971.jpg
posted by Yucky(オオダチユキオ) at 18:30| Comment(0) | 「Bコレ」バスケユニフォームコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする