2018年03月27日

2018年3月23日(金)、24日(土) vs東京エクセレンス(ホーム さいたま市 さいたまスーパーアリーナ(コミュニティアリーナ) 19時・16時開始)の結果

2018年3月23日(金) vs東京エクセレンス(ホーム さいたま市 さいたまスーパーアリーナ(コミュニティアリーナ) 19時・開始)の結果は
58ー71で東京エクセレンスの勝利。

2018年3月24日(土) vs東京エクセレンス(ホーム さいたま市 さいたまスーパーアリーナ(コミュニティアリーナ) 16時開始)の結果は
61ー90で東京エクセレンスの連勝でした。

埼玉ブロンコス、いよいよ、さいたまスーパーアリーナという大舞台に立つこととなりました。
さいたまスーパーアリーナに立つこと、本当に長年の夢というか、昔から観てきた私にとっては夢のような二日間と言っていい出来事でした。
その事はまた次の記事に書くとして、厳しい結果を振り返ります。

初日、埼玉ブロンコスとしては珍しい平日開催、19時からの試合開始となりました。
さいたまスーパーアリーナ初戦、埼玉ブロンコスはキャプテン、佐々木の3ポイントシュートで先制。幸大3ポイント、今井の2ポイントで8-0となったところで東京エクセレンス、タイムアウトを取ります。
しかし勢いそのままに、上田、セイン、佐々木が2本目の3ポイントで追加点。
上田がこのQ、9得点の活躍。相手のファウルトラブルにも助けられ、またセーフティな得点差もあり、吉川、柳下ら若手の積極的な選手起用も見られた埼玉が1Q23-12。
埼玉に流れが優勢な状況が続く2Q。東京エクセレンスには宮田に3つ目のファウル、さらに長澤がテクニカルファウルが与えられる不運。しかし徐々に落ち着きを取り戻してきた東京エクセレンス、埼玉にファウルがかさんでくるとフリースローで徐々に点差を詰めて34-28。6点リードで前半終了。3Q、序盤セインが2ポイント2本で突き放すも東京エクセレンスはフェイゾンの3ポイント、齋藤、宮田の3ポイントで一気に差を縮めタイムアウト。3分たらずで齋藤が逆転の2ポイント、さらに佐野の2ポイントで突き放しにかかります。セイン、幸大のシュートで一時的に逆転するも、勢いは東京エクセレンス。フェイゾンの3ポイント、ヘラルド2本のシュート、佐野らの活躍でリードを広げ44-53。埼玉9点ビハインドで4Qへ。
埼玉はファウルで得たフリースローや上田の連続シュートで3点差まで詰めるも、セインが膝を負傷し退場するアクシデント。
東京エクセレンス、フェイゾン、ヘラルドの活躍で再び離される苦しい展開。追い打ちをかけるようにベンチテクニカルファウルで嫌な流れを引きずる埼玉。しかし幸大のバスカンでオフィシャルタイムアウト、52-60。点差は一桁、まだまだ追いつく可能性を残した展開でしたが、反撃も及ばず、最後まで追い付くことが出来ずに敗戦。58-71、厳しい敗戦となりました。

2試合目は16時開始。
前日とは真逆の展開で東京エクセレンス、齋藤、フェイゾン、宮田の3ポイントなどでいきなり8点ビハインドでたまらずタイムアウトの埼玉。
セインは前日の怪我によりDNP。ホールが奮起し10-12とここまでは良かったものの、ファウルがかさむ埼玉、ホールが1Qで早くも3つ目のファウル。残り3分宮田2本のフリースロー、ヘラルドが2ポイント1本、3本のフリースローで得点を重ねていく。目が3ポイントシュートで反撃を試みるも、ヘラルドは最後ブザービーター。13-24と前日と真逆の展開で1Q終了。
2Q、序盤エクセレンスのベイリーの得点に苦しむも、ルイス、幸大の3ポイントシュート中のファウルにより徐々に点差を詰めていく。目、ホール、上田の3ポイントで26-34と点差を一桁まで持っていくも、エクセレンス、今日の主役はヘラルド。インサイドで持ち前の強さを見せつけ前半だけで19得点の活躍。33-44、2Qは互角の展開で3Qへ。
しかし立ち上がりからリングにことごとく嫌われる埼玉。開始4分まで得点なし、しかもその間4つのチームファウル。佐々木の3ポイントで反撃開始といきたかったが、ファウルトラブルは続き43ー62と19点のビハインドで3Qを終了。
4Qは3ポイントシュート攻勢で勝負に出るもことごとく外れ、ヘラルド、齋藤を中心に得点を重ねていき、61-90。ヘラルドは33得点14リバウンドの活躍。
埼玉ブロンコス、B3リーグファイナルステージ第1節、大差での連敗、セインの負傷など厳しいスタートとなりました。

さいたまスーパーアリーナ大会、
(金)の入場者数は2007人。
(土)の入場者数は3097人でした。
ありがとうございました。
  • 20180327231101931.jpg
  • 20180327231113287.jpg
  • 20180327231208732.jpg
  • 20180327231641122.jpg
posted by Yucky(オオダチユキオ) at 23:09| Comment(0) | B3戦記2017-2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

埼玉ブロンコス さいたまスーパーアリーナ大会 大会直前備忘録

いよいよ日付が変わって今日、
埼玉ブロンコスがさいたまスーパーアリーナで主催試合を開催することとなりました。
シーズン開幕前に発表があったさいたまスーパーアリーナ大会。コミュニティアリーナ(可動式で一番小さいスペース)ではありますが、それでも座席数は5,000席。選手ベンチ並びのホーム・アウェイ5席ずつ10席のアリーナベンチ横特別席 前売り10,000円(当日12,000円)はチケット販売を開始した3月7日から3日で完売。
指定席は売り切れはしなかったものの、コートサイドはホーム・アウェイとも売れ行きは良かった模様。ちなみに1階席、2階席シーズンパスはスーパーアリーナ大会でも使え、1階席はスーパーアリーナ限定シート(400席)に、2階席はアリーナメインスタンドで使用可能に。お誘いシートは1階席がアリーナメインスタンド、2階席はアリーナサイドスタンドで使用が可能でした。
また、当日、スーパーアリーナでは謎解きイベント"時の神殿と失われし秘宝"が開催(有料)。ゲームキットをお持ちの方は、当日のブロンコス戦のチケットが200円値引きと発表。

大会は前日設営。
また2連戦翌日は全日本プロレス さいたまスーパーアリーナ大会を開催。

設営は専門の業者さんが参加。約50人のスタッフが設営(設営ボランティアは13時作業開始)。プロによる手際の良い設営や雛壇作り、コート調整や椅子並べは圧巻でした(大工道具での作業、フォークリフトでのゴール設置など)。
チームの前日練習は17時〜19時でした(30分押しで開始)。
設営ボランティアとして15時すぎから行ったもののコートは設置済みでほとんど作業なくコートサイドの椅子並べ等々で終わってしまうほどプロの業者さんスゲエって思いました。
  • 20180323030711423.jpg
  • 20180323030725073.jpg
  • 20180323030743090.jpg
  • 20180323030757583.jpg
  • 20180323030805146.jpg
  • 20180323031245969.jpg
posted by Yucky(オオダチユキオ) at 03:08| Comment(0) | ブロンコネーション日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽ロバートソン 契約解除

先週の東京サンレーヴス戦、ベンチに太陽選手が居なかったことに気付いた。
今週、太陽選手の退団の発表があった。

ファーストステージの最後の方のアウェイ八王子でみせた3ポイントシュート6/6は本当に圧巻でした。ブースターを奮い立たせてくれました。
本当にありがとう、太陽選手。
posted by Yucky(オオダチユキオ) at 02:42| Comment(0) | B3戦記2017-2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする