2017年01月19日

2017年1月14日(土) vs八王子トレインズ(ホーム・所沢市民体育館 18時開始)の結果

2017年1月14日(土) vs八王子トレインズ(ホーム・所沢市民体育館 18時開始)の結果は
87-91で八王子トレインズの勝利。

新年明けて、初の所沢市民体育館でのホームゲームは八王子トレインズとの対戦。
八王子トレインズには元・埼玉ブロンコスの選手が4人もいて、なおかつヘッドコーチも年明けから石橋貴俊さんが指揮をとることとなるなど"ブロンコス化"現象がおきています。前回のアウェイでの対戦では連敗を喫してます。特に初日、リードしながらも3Qで2得点しかとれなかったり、新里選手がケガしたり。
ただ連勝中の勢いのある埼玉ブロンコス。
しかし、第1Q12-28と苦しい展開。我慢のバスケで35-50で前半終了。しかし3Q、帰化申請選手のモリスを封じ、テイト、上田、ウェイドの活躍で61-65と一気に4点差まで詰め最終Qへ。オフィシャルタイムアウト前に同点に追いつき一進一退の展開が残り2分を切るまで続きました。しかし最後決めきれずファウルゲームに持ち込み粘るも、87-91。惜しくも敗戦でした。

JAいるま野プレゼンツ、今日のMIPは27得点の上田選手でした。
外国籍選手3人も2桁得点を記録。
内容のある敗戦でしたが、1Qの点差が悔やまれる試合でした。


  • 20170119231543176.jpg
  • 20170119231553174.jpg
  • 20170119231618977.jpg
  • 20170119231629712.jpg
posted by Yucky(オオダチユキオ) at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | B3戦記2016-2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

2017年1月8日(日) vs東京海上日動ビッグブルー(ホーム・さいたま市記念総合体育館 14時開始)の結果

2017年1月8日(日) vs東京海上日動ビッグブルー(ホーム・さいたま市記念総合体育館 14時開始)の結果は
96-62で埼玉ブロンコス、3連勝!

JBL日本リーグ時代を彷彿させる大勝でした。
何も言うことありません!
特筆すべきはチームの3ポイントシュート成功率54%(13/24)、チームの総アシスト19、出場選手のほとんど(今井選手以外)がスコアしている点です。
ウェイド選手25得点、ジェニングス、庄司選手がともに12得点、テイト選手9得点12リバウンド、佐々木選手8得点という結果でした。

JAいるま野プレゼンツMIP賞は佐々木選手でした。

次節はホーム・所沢市民体育館にて、八王子トレインズとの対戦です。
posted by Yucky(オオダチユキオ) at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | B3戦記2016-2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

2017年1月7日(土) vs東京海上日動ビッグブルー(ホーム・さいたま市記念総合体育館 18時開始)の結果

2017年1月7日(土) vs東京海上日動ビッグブルー(ホーム・さいたま市記念総合体育館 18時開始)の結果は
65-58で埼玉ブロンコス、年を跨いでの2連勝ですっ!

明けましておめでとうございます!
旧年中はお世話になりました。今シーズンはまだまだ続きます、変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

年明け一発目の試合はさいたま市記念総合体育館にて、東京海上日動ビッグブルーを迎えての対戦。
埼玉ブロンコスは年末に外国籍選手の入れ替えがあり、スタンフォード・ブラウン選手が契約解除。新たにB2リーグ、鹿児島レブナイズより、サイラス・テイト選手が加入しました。テイト選手が本日の初出場初スターターとなりました。
また新里、西選手がケガから復帰。ようやく駒が揃いました。

試合は互いに時間を使ってのじっくりとした展開。ロースコアでゲームは進みます。
前半はほぼ互角。テイト、上田選手がスコアを重ねていく埼玉ブロンコス。東京海上日動もポイントガードの吉川、伊藤選手を中心に盛り返していきます。前半をリードで折り返すも、3Q立ち上がりに連続失点で6点ビハインドの苦しい展開も、復帰の新里、西の活躍で再び持ち直します。
4Q、相手のファウルトラブルを見逃さずジェニングスのダンクやテイトのフックシュートが決まりリードを広げます。残り2分を切ってからバタバタと失点しますが、なんとか勝利。

JAいるま野プレゼンツ ブロンコスMIP賞は19得点(2ポイントシュート4/6、3ポイント3/3(!))、7リバウンドのキャプテン・上田選手でした。 ほかジェニングス選手13得点13リバウンド、テイト選手17得点7リバウンド。

東京海上日動ビッグブルーでは"J"こと吉川治瑛選手が出場37分で29得点9リバウンド。体幹の強さ、バランスの良さが特に印象に残ってます。伊藤良太選手も21得点と奮闘でした。
  • 20170107234139312.jpg
  • 20170107234205061.jpg
  • 20170107234211693.jpg
  • 20170107234230941.jpg
  • 20170107234256124.jpg
  • 20170107234302774.jpg
posted by Yucky(オオダチユキオ) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | B3戦記2016-2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする